Background
About
Strength
Fiber
Straw

Plax

この星と生きる素材
この星と生きる素材

About PlaX

PlaXとは

かつて世界が開発に挑み、様々な障壁のもと諦められたバイオプラスチック。Bioworksは、基材として生分解性とCO2排出削減効果の2つの特性を持つ、ポリ乳酸を使用。当社開発の添加剤を加えることで、石油由来のプラスチックと同等以上の性能を持つバイオプラスチック、PlaXの開発に成功しました。(国内、海外含む特許出願済み)100%植物由来から成るPlaXは、生産コスト、耐熱性、強度、柔軟性等においても、他に類を見ない高機能な素材です

Non Biodegradable Material
100% Originated From Planet

既存のバイオプラスチックとの比較

環境負荷の低いプラスチックは長年待ち望まれました。従来のバイオプラスチックや生分解性プラスチックはコストや成形性の問題から環境ラベルが付与されている製品であっても、石油由来の樹脂や非生分解成分が使用されていることがほとんどでした。これまでのプラスチックの代替として、100%植物由来且つ生分解性のPlaXは、プラスチックの歴史を進めます。

About Additive of PlaX

PlaXに含まれる添加剤とは

この添加剤はポリ乳酸と同様に乳酸から作られています。通常のポリ乳酸の分子は直線状に並んでいますが、乳酸をベースに添加剤を合成し、分子構造を変えるだけで、特性は大きく変わります。例えば、分子運動性が変わります。分子が運動しやすくなることで結晶化しやすくなり、軟らかくなります。それをポリ乳酸に混ぜると、ポリ乳酸分子にも同様の効果が起きます。
このように分子を設計して添加剤を開発しています。実際には用途に応じて、安全性や信頼性を考慮し、既存物質も併用しながら改質します。添加剤による改質の目的の1つに結晶化促進による耐熱性向上があります。また、技術的には難しいと言われていますが、ポリ乳酸の透明性を維持したまま耐熱性を上げることにも挑戦しています。ポリ乳酸をやみくもに結晶化させると白濁します。白濁している場合、結晶の大きさは、およそ数十~数百マイクロメートルです。一方、私たちの添加剤を使用して制御した場合、結晶の大きさを数千から数万分の一に小さくし、強度を高めることに成功しています。

〜 結晶の大きさを 数千~数万分の1の大きさへ変えることに成功 〜

The Material will Revolutionize
the Whole World

たった5%起こせる革命があります。

基材となるポリ乳酸に、Bioworksが開発した添加剤をわずか5%投入することで、従来のポリ乳酸に比べて、耐熱性、柔軟性、耐衝撃性など大幅に向上しました。

What is the PLA

ポリ乳酸とは、トウモロコシ等のデンプンから作られる、石油由来のプラスチックに代わる存在として誕生したバイオプラスチックです。生成中に二酸化炭素の排出量が少ないことや、土に埋めて生分解される素材として注目されてきました。使用後は微生物によって水と二酸化炭素に分解され、再び植物の成長に使われます。

技術⾰新を⽬の当たりに

ポリ乳酸は適度な温度・湿度・pHが揃うことにより、一定程度の加水分解が起こった後、早ければ約1週間で微生物によって水と二酸化炭素に分解されます。